国際NGOグッドネーバーズ・ジャパン
Drillworks


朝霞台某所、『チーム朝霞台』から日々のニュースやご近所情報をお届けする謎のブログ。
<< がんばれ川越。 | main | おふろの王様 >>
朝霞台でも花見のシーズンです。
朝霞台でも、黒目川沿いの桜並木や、北朝霞公園では提灯が灯されて夜桜の下での花見が催されていますが、今年も朝霞駐屯地の恒例となった花見が行われたようです。
厳戒態勢下、PAC3配備の陸自朝霞駐屯地で恒例の花見(読売新聞)

迎撃用のパトリオット・ミサイル3(PAC3)が配置されている陸上自衛隊朝霞駐屯地では4日午前、敷地の一部を一般開放して恒例の花見が行われた。


同時開催する予定だった創立記念行事は中止としたが、「地域住民が楽しみにしている」として、北グラウンドの一部に規模を縮小して実施した。

花見客は、駐屯地の正面玄関で金属探知機を交えた手荷物検査を受け、自衛隊員から「万が一に備え、一時的に建物内に案内することがあります」などと記された注意書きを受け取った。

和光市新倉から訪れた男性(72)は「ミサイルが飛ぶことはないと思っているが、落ち着いて花見が楽しめないのは残念」と話していた。


元自衛隊員の直江としては、部隊長の座る席の桜だけは花見の日には満開にしなくてはいけないために、ブルーシートで桜の木を覆って、中でストーブをガンガンに焚いていたのが思い出されます。桜は温度で開花するのでこの方法は本当に有効です。お試しあれ。

Posted by : drillworks2 | 朝霞台 | 03:53 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://asakadai.drill.lovesick.jp/trackback/1125222
TOP